2015年 ドメーヌ ド モンティーユ ボーヌ レ ペリエール 750ml フランス ブルゴーニュ 赤ワイン|ヴィンテージワイン通販サイト

酒蔵の番人ココカラ ログイン
マイページ情報の修正、退会はこちらから
  •       
  • 酒蔵の番人会員登録
  • 入会金
  • シャブリ
  • アルディージャ健闘シャンパン
  • 卸・業務用はこちら
  • ギフトラッピング
  • 税別20,000円以上 送料無料
  • 楽天ペイ
  • amazon_pay

カテゴリー

カテゴリー

メルマガ登録

登録 解除
  • お問い合わせ
  • ワインリスト宅配サービス
  • ヴィンテージワインQ&A
  • 松澤屋ポリシー
  • ツイッター
  • フェイスブック
  • ユーチューブ
  • インスタグラム
2024年 02月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29   
今日
休業日
2024年 03月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
休業日
Robert Parker Online Japanメンバー許可
 

トップ > 造り手別 > タ行 > ド モンティーユ > 2015年 ドメーヌ ド モンティーユ ボーヌ レ ペリエール 750ml フランス ブルゴーニュ 赤ワイン

2015年 ドメーヌ ド モンティーユ ボーヌ レ ペリエール 750ml フランス ブルゴーニュ 赤ワイン 2015年 ドメーヌ ド モンティーユ ボーヌ レ ペリエール 750ml フランス ブルゴーニュ 赤ワイン
2015年 ドメーヌ ド モンティーユ ボーヌ レ ペリエール 750ml フランス ブルゴーニュ 赤ワイン 2015年 ドメーヌ ド モンティーユ ボーヌ レ ペリエール 750ml フランス ブルゴーニュ 赤ワイン
拡大画像

2015年 ドメーヌ ド モンティーユ ボーヌ レ ペリエール 750ml フランス ブルゴーニュ 赤ワイン

Domaine de Montille Beaune 1er Cru Les Perrières
赤ワイン 750ml
[AOC]ボーヌ 1級畑

[評 価]89-91点
The 2015 Beaune 1er Cru les Perrieres contains two-thirds whole cluster fruit and is matured in 25% new oak. That whole cluster lends this an attractive earthy, woodland scent to the aromatics, a hint of dried orange peel developing with time. The palate is medium-bodied with crisp tannin, fresh acidity, quite structured with an assertive, rather austere finish. I would like a little more flesh once in bottle.
The Wine Advocate (Dec 31, 2016)

2015年のボーヌ1erクリュ・レ・ペリエールは、全房果実を2/3含み、新樽25%で熟成されています。全房果実の存在が香りに魅力的な大地や森林の香りをもたらし、時間の経過とともに乾燥したオレンジの皮のニュアンスが広がります。味わいはミディアムボディで、シャープなタンニンと新鮮な酸味があり、かなりしっかりとした構造と主張があり、やや厳格なフィニッシュが特徴です。瓶内での熟成後には、もう少し肉感が欲しいところです。(直訳)

[輸入元コメント]
≪ペリエール≫という言葉はブドウ畑に隣接した昔の石切り場に由来する。ミネラル感があり味わい深くストラクチャーがしっかりしている。十分に開かせ、1級にふさわしい複雑味を持たせるには数年寝かせた方が良い。
商品コード : 40171416
製造元 : Domaine de Montille
価格 : 9,460円(税込)
750ml
ポイント : 94
数量
 

フランス

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

頑固な古典派から大きく脱皮 ニュイへ、ピュリニーへと拡大した大ドメーヌ

ヴォルネイのドメーヌ・ド・モンティーユといえば、古典的ワインの銘醸家として名の知れたドメーヌ。
映画「モンドヴィーノ」でも主役級で取り上げられたので、ご記憶の方も多いに違いない。

先代のユベールはディジョンでの弁護士が本業。というのも1947年にドメーヌを相続した時、ブドウ畑の面積はわずか3haしかなかった。
その後、息子のエティエンヌとともにブドウ畑を拡張し、1990年代には7haを超えるまでに広がった。
このエティエンヌもパリのクーパース&ライブランド(現プライスウォーターハウス・クーパース)の会計士として働いていたが、2001年にブルゴーニュに戻り、シャトー・ド・ピュリニー・モンラッシェの経営に就くと同時に、ドメーヌ・ド・モンティーユの当主となった。
もっともエティエンヌ自身は1983年からドメーヌのワイン造りに関与しており、1995年には実質的にドメーヌの主導権を握り、ブドウ栽培をビオロジックへと転換。父から子への継承は着々と進んでいたのである。

エティエンヌがフルタイムで経営にあたるようになってからというもの、ドメーヌの版図拡大は凄まじい。
1993年にはすでに、ピュリニー・モンラッシェ1級カイユレをジャン・シャルトロンから買い取っていたが、2004年にボーヌ1級エーグロ(白)、特級コルトン・クロ・デュ・ロワ、コルトン・シャルルマーニュを入手。
2005年にドメーヌ・デュジャックと共同でトマ・モワイヤールを買収し、コート・ド・ニュイにも進出した。
この時にヴォーヌ・ロマネ1級マルコンソール、ニュイ・サン・ジョルジュ1級オー・トレイ、特級クロ・ド・ヴージョをラインナップに加えている。

さらに2012年、エティエンヌが経営を任されていたシャトー・ド・ピュリニー・モンラッシェをオーナーの金融機関から買い取ってしまったのだ。
ただし、シャトーが所有していた特級モンラッシェとバタール・モンラッシェは、この買収に協力したシャトー・ラトゥールのフランソワ・ピノーに譲り、彼のドメーヌ・ドゥージェニーに加わることとなる。

白ワインのラインナップ拡充を見越して、エティエンヌはともにマイクロ・ネゴスのドゥー・モンティーユを運営していた妹のアリックスを、2006年から白ワインの醸造責任者に任命。
一方、赤ワインはエティエンヌがおもに監督するものの、全体のセラーマスターとしてアメリカ人のブライアン・シーヴが2010年に就任している。

こうしてあまりにも拡大したためヴォルネイの醸造施設では間に合わなくなり、現在は旧ロピトー・ミニョンが所有していたムルソーのセラーでワイン造りをしている。

一般にエレガントとされるヴォルネイでさえも、「いつ開くのかわからない」と言われたドメーヌ・ド・モンティーユのワインだが、今日では若いうちから香り高く、そしてタンニンもしなやかなものとなり、かつ長期熟成にも十分耐え得るスタイルへと大きく変化している。
全房を用いた醸造など、基本的にはユベール時代の様式を継承しながらも、より完熟したブドウを摘み取り、抽出の仕方や発酵温度の管理をより綿密に行うことで、現在のスタイルを築いた。
ムルソーのジャン・マルク・ルーロの元妻であるアリックスが手がける白ワインも秀逸。
シャトー・ド・ピュリニー・モンラッシェ所有のクリマがアリックスの手を経て、どのようなワインとなるのかも楽しみである。
 

この商品についてのレビュー

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

ページトップへ